○麻について

5月16日 火曜日

2214日目 Colombia Medellín to Airport

この間勢いで買ったキューバ行きの航空券、メデジン発のハバナ行きは17日の朝方出発となっている。

つまり明日の朝早く。

なので今日中に空港に行っておいてフライトに備える必要がある。

とりあえず宿をチェックアウトし、後はまぁダラダラと過ごす。

今回、キューバはちょっと特殊な国ということで色々と制限もされているらしく、もしかしたらインターネットも使えないかもしれない。

それに航空券の値段の関係もあり、今回は帰りのチケットも合わせて取ってある。なのでキューバ滞在はちょうど1週間。

これで足りるか足りないかはまだ分からないけど、とにかく1週間キッカリでまたメデジンには帰ってくる。

もしキューバが合わなくて早く帰りたいと思っても帰れないし、逆に気に入ってもっと長く居たいと思っても帰ってくる。

こんな風に先の予定決めて動くことなんて普段ないので、どう過ごすべきかまだ分からないけど、1週間有意義に使わないと。

でも1週間しかないし、バケーションだと思ってハバナのbeachでとことんゆっくりするのも良いよな。

とにかく行ってみてから考えよう。

空港に行くにはまだ早すぎるのでメデジンの街をプラプラしてると雨が降ってきて、軒下へ避難する。

海外の人って雨降ってもあんまり気にしないよなぁ。日本人はすぐ傘さしたりすると思うけど、海外の人は雨降ってようが基本傘なんてささないし、結構雨降ってても普通に気にせず歩いてたりする。

それにしてもコロンビア、皆んなそこら中でマリファナ吸ってるもんだから俺が普通に煙草吸ってるだけで勘違いされてそれくれ!って毎回のように言われる。

そしてこれ煙草だよ?って言うと、「なんだよ煙草かよ…」ってな感じで去っていく。

多分コロンビアでは一応違法だとは思うけどそれくらい普通に浸透してるもの。

法律上はまだ一応違法だが、もうほとんど黙認みたいな、グレーな国もコロンビアに限らず、実は沢山ある。

もう最近じゃ沢山の国がそんな感じなんじゃないかな。

だが、そんなふうに海外では多くの国で大麻合法化が進む中、日本を含めたアジアは今だに厳しく取り締まわれている。

タイは結構前にアジアの中で一歩飛び出して大麻解禁になりましたね。

大麻がもたらす市場はとても大きいので、元々観光大国のタイはもう飛ぶ鳥を落とす勢いでしょう。

もう大麻がどれほど優れた植物であるかは周知の事実であるにも関わらず、一体日本は何処に向かっているんだろう。

鎖国でもしてるんですかって話しですよ。

政府の政策といい、国民の意識といい、世界から何周遅れになれば気が済むんだよ。

大麻はマスタープラントとも言われ、非常に優れた神からの贈りもの。

日本でも昔は、麻はかつて繊維素材の他、種が食用にされていたし、種をまけば勝手に自生し、栽培の手間のかからず収穫が早い一年草であったため、“農作物としての”大麻は一部の貧農にとって主要な収入源であった。日本でも神社などの神事の道具の材料でもあるし、日本の文化とも非常に密接にあった日本人になくてはならない優れた植物といえる。

何も大麻は嗜好品として吸うだけじゃなく様々な使い方があるし、癌や喘息、睡眠障害、鬱病、様々な病気にも有効と言われ、医療用にも使われている。

こんなにも優れた天からの贈りものであり、自然の植物である大麻をドラッグに分類し、嗜好品として吸うのを禁止するだけに留まらず、栽培から他の目的全てを禁止するのは正に愚の骨頂と言える。

じゃあ何故禁止にするのか?

その意図を考えてちゃんと認識する必要がある。

大麻を禁止することによって得する人たちがいるということ。大麻を吸われたら困る人たちが居るということ。大麻を吸うことによって沢山の病気が治ってしまう。そんなことになったら医者は儲からないし、薬も買ってもらえない、薬や服を作るために必要な石油利権を持ったグループも儲からなくなる。一言に大麻と言っても多くの利権が絡んでいて、そういった事情も認識しなければいけない。

それを大麻は悪だ!ドラッグだ!

と、完全なる悪みたいに刷り込まされているというのはもう洗脳としか言いようがない。

大麻ごときで刑罰受けるとか、犯罪者だとか騒いでる奴アホすぎる。

大麻ごときで極悪人みたいにニュースで晒されたり、社会的に抹殺されたり、そんな社会狂ってるよ。

大麻は別に悪いものじゃない。

リラックス効果があり、鬱や睡眠障害にも有効だし、クリエイティブになったり、五感や第六感が鋭くなったり、食欲増進作用などもある。

ただ一方で、上手くコントロールして目的を持って使う分にはいいが、やりすぎるとコントロール出来なくなってしまい、人を堕落させるという一面があるのも間違いない。

朝から晩までずっとブリってて、ただダラダラしてるようじゃ吸わない方が良いだろうし、吸った方がリラックス出来る、鬱が和らぐ、とかなら全然吸えば良いと思う。

俺も過去5年間程毎日大麻を吸ってきたが、肉体的な依存はないが精神的な依存はあって、吸わないと寝れない、常に持っていないと不安、というような状態だった。

毎日寝る前は必ず吸わないと眠れなかったし、ないと不安で、精神が不安定になっていたように思う。

そんな状態だったからか、あんなに好きで吸っていたはずなのに、最後の方は吸ったら必ずバッドに入る、でも吸ってしまう、そんな悪循環から中々抜け出せないでいた。

マテオのセレモニーを受けた後で、今は別にもう吸いたいとも思わないが、良さも知っているので、たまに吸うぶんには良いかなとも思っている。

勿論その国のルールに乗っ取った上で大丈夫ならとかだけど。

とは言えやっぱりナチュラルな状態が1番ですよ。大麻なんて吸わなくても、日頃から食べるものに気をつけたり、瞑想をしたり、浄化が進めばよっぽど高い意識レベルへと行くことが出来る。

ドラッグ中毒者や大麻を辞めたいけど辞められないって人、アヤワスカ本当オススメですよ。

どんよりした空模様、ポツポツ雨が降っていて時折りもの凄い音で雷が鳴る中、空港行きのバス停まで向かう。

頼むから土砂降りにならないでくれよー、と思いながらバス停に到着し、すでに停まっていたバスに乗り込んだ。

ちょうど空港に着いたと同時に一気に土砂降りが降ってきた。

メデジンのインターナショナル空港は結構小さくて小ぢんまりとした感じ。

寝れそうな雰囲気ではないかな…

これから久しぶりの空港泊をかまし、朝になったら社会主義国家、キューバだ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました